刺青はレーザーですっきり除去しよう|クリニックで治療が可能

女の人

元の肌に戻すために

タトゥー

それぞれの状態に合わせて

多くのクリニックで刺青の除去は行われています。除去方法には大きく分けるとレーザーで色を薄くするものと、切除して刺青の部分を取り去ってしまうものがあります。薄くする場合、刺青が有る状態は変わらないため温泉などの利用は引き続き難しいことも多いですが傷跡はできないというメリットがあります。切除による除去は刺青の存在を無くすことを目指して行うので刺青が入っていると利用できない施設も使えるようになります。切除の場合は範囲が広い場合は太ももなど他の部位から皮膚を移植するといったような方法を取ることもできます。刺青が入っている場所や範囲によって適した除去方法があるのでクリニックでのカウンセリングでじっくり話し合って決めましょう。

気になる傷跡は

刺青を除去した後の傷跡はもう諦めるしかないのだろうかとお悩みの方も少なくないでしょう。薄くして目立たなくするだけで良ければレーザーで薄くする方法がおすすめですが、傷跡を残したくないけれど刺青の存在も消したい場合は皮膚を除去するという選択になります。手術後は時間の経過とともに少しずつ傷跡は薄くなってきますが、それなりの時間は要します。美容外科では傷跡を薄くするための治療があることはご存知でしょうか。怪我や手術でできた傷跡を解消するための治療を刺青の除去手術の後に受けることももちろんできます。なるべく早く傷跡を薄くしたい、できるだけきれいな肌に戻したいという方は除去手術の後に傷跡の治療も併用すると良いでしょう。

刺青をレーザーで除去

身体

刺青を除去するには、レーザーや手術などの方法があります。レーザーは、ワンポイントなどの小さめの刺青には向きますが、絵柄が広範囲に渡る場合などは、縫合や皮膚移植が有効でしょう。いずれの場合も、術後は回復を早めるために規則正しい生活をしましょう。

View Detail

皮膚移植も効果的

医者

刺青と言うものは一度入れてしまったら入れる前の肌に戻す事はほぼ、不可能な事です。そのため、除去する際には美容外科などで受けられるレーザーや切除手術、皮膚移植などの方法で刺青を除去する必要があります。

View Detail

タトゥーを消すための手術

女性

刺青やタトゥーをファッション感覚で楽しむ人が増えています。個性や自己主張の手段として入れる人もいますが、将来除去が必要になるかもしれないことを考えたうえで行なうことが大切です。広範囲に及ぶ刺青などの場合、除去には費用も時間も必要になります。

View Detail