刺青はレーザーですっきり除去しよう|クリニックで治療が可能

女医

刺青をレーザーで除去

身体

レーザーの利用

刺青をファッション感覚で入れる人が増えてきたと同時に、除去を希望する人も増えてきました。刺青の除去の難易度は、入れてある絵柄によります。簡単なワンポイントの、いわゆるファッションタトゥーの場合は、レーザーをほんの数回当てるだけでかなり目立たなくできます。レーザーは黒っぽい色に反応して分解する作用があるため、基本的には黒系の刺青にしか使用できません。しかし、赤や黄色など薄めの色でも使用できるレーザーが増えてきました。このようなレーザーは刺青だけではなく、赤くなったシミなどにも利用できることがあります。ただし取り扱い機関はあまり多くありません。除去する可能性のある人は、最初に色についても考慮しておくと良いでしょう。

縫合と皮膚移植

大きな絵柄の刺青は、除去に時間がかかります。刺青を入れる時以上に肌に負担がかかるため、数日から数週間おきにクリニックに通いましょう。もっと早く除去したい場合は、皮膚を縫合するという方法もあります。刺青の入った箇所の皮膚を切り取り、縫合するという手法です。レーザーで地道に消すよりも、刺青が入っていたという事実が分かりにくいようです。縫った跡が傷のようになりますが、刺青を消した傷には思えないような見た目です。また広範囲に渡る場合は、自分の臀部などからの皮膚移植も有効です。これによりかなり広く入った絵柄でも、早く除去することができます。いずれの手術も、傷口であることには変わりありません。術後の回復を早めるためにも、健康的で規則正しい生活をしましょう。